市場・ニーズ



女性の「美」意識は、不況に左右されない
 
化粧品
 
一般の売れ筋商品は時代と共に変わります。 しかし、化粧品の「いつまでも若々しく健康的な肌」という永遠テーマは、いつの時代も変わりはありません。女性の「美」へのあくなき探求は、古代から今日そして未来まで、全世界で繰り広げられていくものです。例え、不況に苦しんでいる時代でも、女性の「美」に対する追求は衰えることはないでしょう。


サロン・エステ
 
心もカラダも美しくありたいという女性たちの気持ちに応え、大きな成長を続けるエステティック業界。かつては、一部の女性の間でのみ利用されていたエステサロンも、現在では年齢も属性も幅が広がり、多くの女性が定期的にエステサロンへ通うようになりました。このためエステティックを気軽に体験できるサロンの需要は伸びると思われ、それに伴い、供給もかなり増えると推測できます。


健康食品
 
健康ブームが押し寄せ、TV・雑誌メディアはもとより、ドラッグストアやレストラン、 コーヒーショップに至るまで、健康に留意した内容に気を配るようになりました。こうした健康に対する興味は、年配の方だけではなく、今では、20、30代の働き盛りの世代から、強いては10代の学生までに広がっています。つまり忙しくハードな現代社会を象徴する、「カラダの疲れ」がすべての世代に侵蝕しているのです。健康へのアドバイスをすることは、今一番注目されている内容かもしれません。