BRANDS

UVPROTECT SPRAY

UVプロテクト スプレー

  • 日やけ止め

Features

ブランドの特長

やさしさへのこだわり

「紫外線吸収剤フリー」とは?

紫外線を制御する成分には「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。

紫外線吸収剤

メリット

高SPF値の製品を簡単につくることができる。

デメリット

肌への刺激や負担になることがある。

紫外線散乱剤

メリット

敏感肌のかたやお子様の繊細な肌にもおすすめ。

デメリット

高SPF値の製品をつくるには高い技術力が必要。

シャンソンの日やけ止めはすべて紫外線吸収剤フリーの肌にやさしい処方です。

目には見えない紫外線
実は、年々増え続けています。


紫外線

UV-Aの肌への影響

肌の奥深く真皮にまで届き、肌のハリや弾力を失わせ、シワやたるみといった肌の老化現象を促進します。また、肌を黒くさせる「サンタン」を引き起こす作用もあります。

UV-Bの肌への影響

主に表皮に強く影響を与え、短時間でも肌が赤く炎症する「サンバーン」を引き起こします。シミやソバカスの原因にもなります。

紫外線

紫外線防御効果の程度をあらわす「SPF」と「PA」とは?

SPF → UV-Bを防ぐ指標

UV-Bの防御効果をあらわします。
数値が高いほど、防御効果も高くなります。
国内表示規格最高値は「50+」です。

PA → UV-Aを防ぐ指標

UV-Aの防御効果をあらわします。
「PA+」「PA++」「PA+++」「PA++++」のいずれかで表示され、「+」の数が多いほど防御効果が高くなります。

◎SPFとPA の値を日やけ止めを選ぶ際の目安にしましょう。

シャンソンの日やけ止めは
すべて紫外線吸収剤フリーの肌にやさしい処方です。


1年中メイク前の習慣に

UVプロテクト

UVプロテクト

毎日のUVケアから、
アウトドアシーンにも

UVプロテクト ミルク

UVプロテクト ミルク

おでかけ前に。
外出先でも手軽に

UVプロテクト スプレー

UVプロテクト スプレー

紫外線対策に休みはありません。
シーンに合ったアイテムを選び、1年中使うようにしましょう。

お出かけ前に、シュッと一吹き

手足や背中など、つけにくい部分も手軽にガード。
広範囲への使用に便利なスプレータイプで、
外出先でも、手を汚さずに塗り直し可能です。

Lineup

ラインナップ

  • UVプロテクト スプレー

    日やけ止め UVプロテクト スプレー

    • SPF42/PA+++

    80g ¥2,700(税抜)

    紫外線散乱剤のみで高い防御力を実現
    つけにくい部分も手軽にガード。広範囲への使用に便利なスプレータイプの日やけ止めです。

    詳細を見る
    販売名
    シャンソン UVプロテクト スプレー
    使用方法
    使用前に缶を上下に強く4~5回振り、カチカチと音がすることを確認してください。
    肌から10~15cmほど離してスプレーし、ムラなくのばします。
    顔に使用する場合は、一度手のひらに出してから、少量ずつのばします。
    効果を保つため、こまめに塗り直してください。
    落とすときは、石鹸等でしっかりと洗い流してください。
    使用期間
    約1ヶ月
    全成分
    LPG、イソノナン酸イソノニル、パルミチン酸エチルヘキシル、水、酸化チタン、ローズマリー葉エキス、ビルベリー葉エキス、BG、グリセリン、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、アルミナ、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、エチルヘキシルグリセリン、酸化亜鉛、ジステアルジモニウムヘクトライト、ポリヒドロキシステアリン酸、ポリメチルシルセスキオキサン、ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-6、メチコン、塩化Na、EDTA-2Na、フェノキシエタノール

    *商品の改良にともない、成分や表示内容等が変更になる場合があります。
    *ご使用の際には、商品・箱に記載されている表示をご確認ください。

Have an experience @ CHANSON Salon !

サロンで体験する

シャンソンのエステサロンでご体験ください。

シャンソンオリジナル化粧品と、シャンソン独自の美容理論「真美容理論」を駆使し、ハンド中心のフェイシャルエステをご提供しています。

サロンについて エステについて

体験できるエステサロンについてのお問い合わせはこちら。

お問い合わせ